☆3月の例会

3月25日(日)の例会報告をさせていただきます。

10:00〜12:30 『勇気づけの歌』の抄読会を行いました。今回、自助グループに初めて参加される方4名を含めて、合計9名が参加しました。
 それぞれがエピソードを出しながら、自己紹介をしたあと、勇気づけの歌の初めの6章を朗読しました。各人の感想をのべたあと、ある人のエピソード(娘さんとの話)について検討しました。
ロールプレイをしながら、ブレークスルークエスチョンを使いながら、代替案を考えて、再度ロールプレイをしました。娘さんの良いところも一杯見つけられて、陰性感情もおさえられ、賞罰を使わずにお願いできそうな様子になりました。

昼食は、近くのスペイン料理屋でランチを頂きました。
横浜の話や、モンゴルの話で、いろいろ盛り上がりました。

14:00〜16:30 カウンセリング練習(2ケース)を行いました。参加者は、13名と大人数でした。
1ケース目は、奥さんとのやりとり、2ケース目は、娘とのやりとりでした。
2ケース目が私のケースでしたので、それについて紹介します。

家族構成;私、妻、娘8歳、息子2歳前
午後10時過ぎ、娘が息子のおもちゃの車に乗って、「背中を押して」といってくる。(感情-1)
(10回といってきたが、もう遅いから、5回まで、と返事した後)
私は、背中を押してやって、娘は車でリビングから廊下を走って喜んでいる。
2回ほどしたときに、息子が「さとくんも」といって、自分の小さい自転車をだそうとするが、ひっかかってとりだせなかったので、私が手伝って、自転車をリビングにだしてきた。
すると、車に乗っていた娘が、その自転車にまたがった。(感情-3)
私は、「こら!」といって、娘の背中を叩く。
娘が、「あー!」といって怒る。(感情-3)
私が、「ゆきはその車乗ってるんだし、自転車はさとしが乗るんだから!」
娘が、「さとくん、自転車貸してくれないもん!」(感情-4)
私が、「もともと、その赤い車も自転車もさとしのものだろうが。(ゆきが)両方使うのは許さん!」
娘が、泣いて寝室にひっこみました。(以下、略)

エピソードを相談する前は、私は、娘の背中を叩いたところが対処行動で、娘が自転車にまたがったところを、ライフタスクとして、「娘が自分だけパパを独占するのではなく、息子も平等に遊ばせてあげるべき」といった「平等」性にこだわってしまったかな、そこを譲る気はないけど、叩く必要はなかったよね、などと自己分析をしていたのですが、、、
カウンセラーは、最初の背中を押してのところが、ライフタスクととって、私が背中を押す、のを対処行動ととりました。感情-1は、うっとうしいでした。

仮想的目標は、「あ-、楽しかった、これからは10時前に寝るようにするね、あとはパパの好きなように過ごしてくれたらいいよ」でした。
この目標については、協力的か、競合的か、については、競合的ととって、ライフタスクの時に何を考えていたか、と言う話へ。
思考は、2つあって、「もう10時過ぎているんだし、早く寝ろよ」>「4月から小学生3年になるのに、こんな幼稚な遊びするとは。もうすこし知的な遊びなら喜んで遊べるのに」でした。
なかなか私的感覚がでにくかったのですが、プラスは、一人の時間が大事、マイナスは、一人の時間を邪魔される、でした。

ここから、代替案がすぐにはでず。。。
そのときに、ブレークスルークエスチョンの「子どもに何を学んで欲しいですか?」という質問があり、「10時までには寝て欲しい事」というのがでました。「それを学んでもらうために工夫できることは?」ということで、「もう10時を過ぎたので寝る時間です。といいながら、背中を押して、そのまま寝室へ連れて行く」というものでした。
そうしたら、娘が抵抗しそうかなと思ったけど、、、そこで折れずに、きっぱりとするのが、勇気づけなのかな、とおもいました。

「やさしくきっぱりと」という育児で、私は、娘のことをうっとうしいと思って、「やさしく」が足りないのかと思っていたら、「きっぱり」も足りなかった、ようです。

感情-3の方をとらなかったのは、論理がかわりそうなこと、最初の-1をひきづっていなければ、「叩く」までの行動はとらなかっただろうから、そちらをとるのでいいだろう、という結論になりました。

あとからの追加意見では、「娘と遊びたい気持ちはあるよ。10時過ぎたから寝ようね」(でも、をいれると拒否された感じがあるので)とか、「10時過ぎたから寝る時間だけど、1人で寝る、それとも、一緒に寝室に行ってなにかしながら寝る?」(選択肢を与える)
「10時までに寝る代わりに、朝早めに起きてなにか一緒にする?」(お互いに譲り合う)などがあがりました。

最後の提案が、娘が賛成しそうな案かな、と思います。冷静に相談しようと思います。


☆4月の例会
 4/22の例会報告です。
 夏のような暑さの中、クーラにも助けてもらっての例会でした。
 女子力の強い方が欠席された上に、男性6人、女性3人というおじさん色の強い中でカウンセリングの練習を2件行いました。

 最初は私がカウンセラーをやらせて頂きました。職場でのやり取りでしたが、クライエントの方の職場の仲間の良い点に気づく力がすばらしく、そのおかげでこれからも仲良く働いていけるような代替案にたどり着きました。クライエントの方がとても協力的で本当に助かりました。有り難うございました。
 ギャラリーからたくさんの励ましも頂きましたが、ダメだしも頂きました。ダメだしを振り返ると、これが私が学んだことですが、クライエントさんのことではなく、自分のことを考えるとカウンセリングはだめだということでした。
具体的にいうと、職場でのやりとりというのは私はとても苦手で、自分にあまり経験がなく、そのエピソードを聞いた時、「苦手感をだしてはいけない」とか「スマートにやりたい」という考えがありました。そうすると、そのエピソードを十分に吟味するのではなく、素通りしてしまっていました。結局そのことがすべてで、代替案もクライエントさんに考えてもらうというよりは、かなり操作的にしてしまった感じが自分でもあり、もっとクライエントさんに話をしてもらう、自分はへっこむということが大切だと思いました。
 もう一件は高校生と父親とのやりとりでした。こちらもパセージリーダーをされている方がカウンセラー役をされて、とても丁寧に、話を聴かれて、とにかく最後までたどり着きました。
 大人になった子どもとどうつきあうかと言うテーマをシェアリングの時に話し合いました。お恥ずかしい話ですが、私には大学生の娘がいて、地方の大学に行き、一人で下宿生活をしています。娘が出て行ってしばらくは(今も?)悲しくってなんか変だったのですが、たまに(本当にたまになんですよ!)メールをくれるのですが、それがどれほど自分を勇気づけてくれているかに自分でも驚いています。そして、彼女が送っている生活は当たり前ですが、もう一人前の大人の生活なんです。私よりりっぱに社会にコミットしているかもしれません。こんな彼女に私は「ああしろ、こうしろ」と言っていたのかと思うと,自分が恥ずかしくなります。これからの社会の主人公は彼女達なんだ、彼女達の価値観がこれからの世界をつくるんだ。そう思うと、彼女への接し方を変えなくてはならないなと自分で考えています。「パパは寂しいから、もっと電話とかしてよ」とかいう子ども同士みたいなつきあい方(書いてて恥ずかしい)ではなく、できれば、未来の主人公である娘から「ねえパパ、どう思う」と必要とされる大人でありたいと思います。それを目指して日々修行の毎日です。


☆7月の例会
午前中は、男性2名、女性6名の8名の出席者でした。

出席者の方が、それぞれエピソードを書いた上で、勇気づけの歌のうち、19番から23 番まで朗読し、そのなかで、感じたこと、思ったことを話しました。

そのあと、出席者の一人のエピソード(姉妹の会話)をとりあげて、みんなで話し合い しました。

今回は、ブレイクスルークエスチョンの方法を使って、代替案を考えました。
すると、以心伝心的な姉妹のように、言葉少なめなやりとりですが、相手の意思を尊 重しながら、協力的にすすんでいく内容になりました。

午後は、エピソード分析を使ったカウンセリング演習をしました。
男性3名、女性3名、計6名の出席者でした。
カウンセラーは男性(初カウンセラー演習)、クライアントは女性(ベテラン)で進めま した。

クライアントの自宅の、洗面台の排水が流れなくなりました。よく見ると、洗面台の ゴミ取りの、さらに下の排水口に、葉っぱが詰まっていたのが原因とわかりました。 そんなことをする人は、その家には末子の息子しかいないとおもい、そのことについ て、息子と会話した内容をエピソードとして、話されました。

エピソードを最初に話されていたときは、息子の回答について、わざと(洗面所でゴミ 取りを外して)靴を洗ったのではないか、そのことを認めず、言い訳しているのでは、 と思い込んでいたようでした。

ということで、仮想的目標について、話をしていましたが、カウンセラーが、途中で、 エピソードの周辺情報をいくつか質問した段階で、クライアントがご自身で、「息子 が、晴れた日に、水遊びをして、落ち葉等が付いて汚れた靴を、洗面台で洗っただけ だ。外にも洗い場はあるが、洗うグッズがない。風呂にグッズはあるが、洗濯物があっ た。そのため、洗面台の利用も致し方ない。その時に、偶然、ゴミ取りの下に葉っぱ が入ってしまっただけで、失敗だったのかな」と気付かれました。

さらに、ホワイトボードに書かれた、息子さんの話しや行為について
・汚れた靴を自分で洗っていた
・靴を洗った跡が気付かないくらい、綺麗に後片付けをしていた。
・親の質問に対して、的確に、正直に答えていた
・詰まらせた事を謝っていた
・次回から気を付けると反省していた
と、息子さんの適切な側面にたくさん気付かれました。

最後にクライアントは、いい息子です。とおっしゃっていました。さらに、前にもこ の様な事(息子を犯人と決めつける)があったとも、おっしゃっていて、私の方が、息 子の話を聴いていないのかもしれない、とおっしゃっていました。
今後は、先入観無く、話を聴かないと、とのことでした。

初カウンセラー演習は、ベテランさんの助け船に乗って、自走していない感じでした が、何とか終了しました。

感想戦をした時に、「野田先生は、エピソードを味わってからでないと、動かない」、 「代替え案を出していないから、代替え案を出すまでやったらいいのでは」等のお話 しを頂きました。

*報告を作成できていない月もあります。

2012年の例会

2013年の例会

*2014年は,例会報告作成できませんでした。

2015年の例会

2016年の例会

2017年の例会